C言語関数:write





C言語のページでは、次の内容を解説しております。
C言語の入門講座  C言語の文法を中心に、基本的な関数などの解説をしています。
C言語ケーススタディ  C言語での実践的なプログラミングについて解説をしています。
C言語の関数リファレンス  C言語で用意されている関数を解説しています。
C言語で3次元動画プログラム  C言語で3次元タートルグラフィックを使用した3次元の動画プログラムの作成例です。
C言語の検定試験  C言語の文法に関する検定試験を実施することができます。
C言語でゲーム作成  C言語を使用したゲームの作り方を解説したページも用意しております。



2014年10月より個人の方を対象に、Study C無料提供を開始しました。
C言語を勉強中の方は、学習・教育に最適なC言語インタープリタのStudy Cを使ってみてください(個人の方は無料です)。
大学・高専・高校などの教育機関での採用実績も多数あるロングセラー商品Study Cが、個人向けに無料提供を始めました。
インタープリタの手軽さに加え、ゲームや3Dタートルグラフィックで楽しく勉強したりと、C言語の学習を協力にサポートします。
ブロック崩しゲーム 3Dツリー クリスマスツリー
また、このようなボタンの用意されているページでは、掲載しているプログラムをStudy Cに直接ロードし実行したりすることができます。
Study Cにロードする Study Cにロードし編集する Study Cにロードし実行する
Study C無料利用についての詳細は、このページを参照してください。




■write
ファイルへのデータ書き込み

【分類】
低水準入出力関数

【書式】
int write(int handle, void *buf, unsigned n);

【パラメータの型と説明】

パラメータ説明
int handleファイルハンドル
void *bufデータアドレス
unsigned nデータの大きさ

【機能説明】
handleにつながっているファイルにbufに格納されているデータをnバイト書き込みます。
書き込みに成功したときは書き込んだバイト数を、失敗したときは-1を返します。

同様にファイルにデータを書き込むfwrite()関数があります(後述)。

UNIX時代のC言語では、write()関数はシステムコールとの位置づけでしたがWindows(Win32)ではWriteFile()という関数(API)が内部で呼び出されています。 WriteFile()APIは、CreateFile()APIが返したWin32 API用のハンドル(HANDLE)を利用しますが、これはC言語ファイルハンドルとは別のものです。 C言語のライブラリ関数内では、C言語ファイルハンドルとWin32 APIのHANDLEの橋渡しを行うために内部で配列を用意してます。 CreateFile()APIの返したハンドル(HANDLE)は、この配列に格納されwrite()関数からWriteFile()APIを呼び出すときに使用されます。
WriteFile()の関数にはテキストモードという概念はなく、ファイルの読み書きに際してデータが変化(加工)されることはありません。 テキストモードでオープンされている場合は、write()関数内で加工処理を行いWriteFile()APIでそのままのファイル(バイナリモード相当)に書き込んでいます。

open()、read()、write()、close()関数などの低水準入出力関数は、原則的にバッファリングされることなくシステムコール/APIを呼び出します。 このため作り方によってはパフォーマンスが悪化することがあります。 単純にファイルの読み書きを行うことがもくてきであれば、fopen()fread()fwrite()fclose()などの標準入出力/ストリーム関数を使用しましょう。

【参照関数】
close
open
read